« 打ちっぱなし | トップページ | 今日も爽快 »

雪とパイナップル

父に勧められて読んだ
「雪とパイナップル」

チェルノブイリ原発事故による
放射能汚染地域で白血病と戦うある少年の物語


人と人との繋がり、家族の繋がりに感謝することで
悲しみや苦しみを乗り越える事ができる
少年の命を通じて、人の意志の力強さ
幸せのあり方を気付かせてくれる本です


+☆*:*++*☆ やよい *++☆*:*++*☆


Photo

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です:
雪とパイナップル:

コメント

私事ですが、亡き父がチェルノブイリをモチーフに絵を描いていたことを思い出しました。本、読んでみようと思います。

投稿者: りら (Nov 10, 2010 11:37:17 AM)

人との繋がり、たいせつですねchickshineshine

良好な人間関係を保ちたいものですsuncloud

投稿者: (Nov 8, 2010 9:09:24 PM)

日々忘れがちな人とのつながりに対する感謝の気持ち。
いま自分がこうして毎日生きていられること、おいしいごはんを食べられること、笑ったり出来ることetcこれらすべての幸せが過去から今まで脈々と続いている人とのつながりから出来ているんですよね。
ホント、感謝しなくっちゃ!!

たまに誰かが発信してくれないと大事なことが疎かになってしまいますよね。

投稿者: マスマス (Nov 8, 2010 6:40:06 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon