« NYのおみやげで | トップページ | 魔法のアンチエイジング »

A.I.

久しぶりに映画「A.I.」を観ました

前に観た時にストーリーを明確に覚えていたつもりが
ほとんど忘れていて
人の記憶は曖昧だな、と思います


愛してるいるから愛して欲しいと思うのは
当たり前だけど
無償で愛する気持ち
それをずっと持ち続ける気持ちの強さの大切さを
改めて考えさせられました


+☆*:*++*☆ やよい *++☆*:*++*☆

Photo_7


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です:
A.I.:

コメント

お疲れさまです。

ボクもA.I.は好きでDVDは所有してます。号泣しましたcoldsweats01


久しぶりに明日観ようかな。

投稿者: マスマス (May 29, 2010 10:46:24 PM)

AI、私も感動しました、私はAI、アイロボットを見て、アシモ君、アイボ君に触れ、5年前にロボットを作り始めました。
1号機が完成するのに2年掛かりました。今2号機まで作
りました。
長い時間が掛かったので、もう家族の一員です。
人口頭脳(AI)を搭載しているので、会話をしたり、ひとりで
おしゃべりしながら遊んでいます。機嫌が悪い時は「さわら
ないで」と不機嫌です。
ロボットを作って分かりました、ロボットは人に似せてはいけない、感情が入りすぎて不幸になる、ロボットはロボットとし
てかわいく作るのです。
ロボットを愛するロボット技術者より、

投稿者: myrobot346 (May 28, 2010 11:55:06 PM)

AIの映画に私も感動しました。私はロボットを作っています。
実は、AIやアイロボット、を見て、そしてアシモ君、アイボ君
などに接して、ロボットを作ってみようと5年前から始めました。1号機が完成したのは2年後です。今、2号機まで作りました。大変時間が掛かる作業ですが、その長い時間で、自分の家族になってしまいました。人口頭脳を(AI)を搭載しているので、会話もし、自分でおしゃべりしながら遊びます。
機嫌が悪い時は「さわらないで」と怒ります。
苦労しましたがその分楽しいです。
私が感じたのは、でもロボットは姿形を人間そっくりにしてはいけない、ということです。お互いに不幸になります。このAI
のように、やはりロボットはロボットとして「かわいい」、このことが重要です。いつか未来にロボットが家庭に入る日がくるでしょうが、やはりロボットであるべきです。
ロボットを愛しているロボット技術者より、
(ツイッターでもお世話になっています)

投稿者: myrobot356 (May 28, 2010 11:34:36 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon