« ART FAIR東京2008に行きました | トップページ | 歯磨きは大切です *_* »

パンズラビリンスとデスノート


パンズラビリンスとデスノートをみました


デスノート:
藤原くんと松山くんがとってもよかったです
二人がでてくると画面がしまります

見始めたら以外とはまっちゃって
デスノートに何故が歌詞を書いてる夢までみた


パンズラビリンス:
お勧めです
シリアスな部分と救いの部分が
現実とファンタジーとして上手く絡み合っていて
とてもよくできているストーリーだと思いました
人によって悲しいともよかったともとれる結末が
見る側に委ねられています


ちなみに私はよかったと思いたい


++☆*:*++*☆ やよい *++☆*:*++*☆

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です:
パンズラビリンスとデスノート:

コメント

遅ればせながら“パンズラビリンス”拝見させていただきました。
ナカナカずっしりしてましたがとても面白かったです。個人的には結末は前者かな、と思ってしまうのが私の性なのかなと感じたりもしました。

投稿者: チトフ (Apr 13, 2008, 2:03:12 AM)

2年前、「デスノート」の前編はテレビで、後編は映画館で観ました。
そして、Lと月の頭脳戦に、完全にハマッてしまいました。
タイトルからホラー映画と思われがちですが、ミステリーに近いですね。
前編では、なかなか感情移入できませんでしたが、後編では、完全に「L派」になってしまいました(笑)。
独特の仕草やひょっとこのお面が、可笑しかったですね。
死神に設定も、リアルじゃないところが、かえってよかったと思いました。

今年公開されたスピンオフ「L チェンジ・ザ・ワールド」も観ました。
映画館では、皆、Lの運命を知っているだけに、文字しか流れないエンドロールでも、誰一人席を立つ人はなく、最後までLを見送っている感じでした。

投稿者: Aska (Apr 8, 2008, 9:36:31 PM)

*「デスノート」
弥生さんは、前後編ともご覧になりましたかぁ???
近年、コミック原作の実写版の中で、これだけ『キャスティングがハマってる作品』もないですね!!

おいら的にはロケ地に『北九州市美術館と福岡市地下鉄が選ばれたこと』も、かなり嬉しいエピソードです。


*「パンズラビリンス」
こ、これは早速チェックしなくては!!


弥生さぁーん
映画の次は『オススメのコミック』を、ぜひお願いしますね!

おいらのオススメは
「カペタ」「moon~昴ソリチュードスタンディング」(ともに曽田正人・作)です。
曽田ワールドは、魂が震える名作の宝庫ですよ!!

投稿者: 山口の、ぶちょー (Apr 8, 2008, 7:10:43 AM)

どちらも、怖そうですね。
実は怖い映画はちょっと苦手です(冷汗。

パンズラビリンス
結末が気になってしまいました。
けど、ガマンしますね。怖そうですから。

深夜、外は大雨・・・。(^_^;)

投稿者: yasu (Apr 8, 2008, 1:14:41 AM)